即日借りたい場合はどうすれば良い?

急な発病で入院費用を確保しなければならない…
明日の結婚のご祝儀を確保するのを失念していた…
取引先からのゴルフのお誘い…
など「急遽お金が必要になった!」という経験を持つ方は多いのではないでしょうか。
当ページでは“すぐにお金が必要になった場合に取れる手段”にフォーカスを当て、可能な限りスピーディーな借入方法又は現金調達方法をご紹介いたします。

キャッシング

ATMでキャッシングする女性

キャッシングとは、予め契約した金融機関と決められた額の範囲内で借入を行う方法です。
原則として新たに契約する場合には審査に数日要しますが即日審査を完了させてくれる金融機関も多く存在しています。
もちろん、既に契約中であれば審査等は不要で利用することが可能です。
大手消費者金融であればコンビニエンスストアのATMからも引き出せますので、スピード面及び利便性に優れていると言えます。

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化の申し込みを行う女性

「審査に通らない」 「審査を受けている時間が無い」 「キャッシング枠を使い切ってしまった」 という方は“クレジットカード現金化”という方法もあります。 クレジットカード現金化とは、クレジットカードで換金率の高い商品を購入し、当該商品を売却することで現金を得る調達方法のことです。 なぜこのようなまわりくどいことをするのかと言いますと、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠と呼ばれる2種類の枠があるためです。 例えば限度額50万円の場合、キャッシング枠は内20万円程度となっているのが一般的でお金を50万円借りることはできません。 そのため、例えば20万円のキャッシング枠を使い切ってしまった場合、残っているショッピング枠(限度額50万円であれば残り30万円)を使って商品を購入⇒売却という手順を踏まなければならないのです。 なお、クレジットカード現金化はクレジットカードの利用規約で禁止されており、利用する商品・頻度・金額等については十分に注意する必要があります。

方法は大きく分けて2つ

クレジットカード現金化には、大きく分けて「セルフ換金」と「業者換金」の2つが存在しています。
文字通り、前者は自身で商品を購入・売却する方法で、後者は専門業者を利用して換金する方法です。
両者には以下の通りメリット・デメリットが存在しています。

換金率 スピード 安全性
セルフ換金
自身で行うので手数料等が掛からない
×
自身で購入・売却をしなければならない

商品によっては利用停止になる恐れ
業者換金 ×
手数料を要するため換金率が低い

商品を購入する手間が無いため速い

請求名目を調整できるため安全性が高い

換金率が高ければ高いほど換金ギャップが少ないのですが、換金率が高い商品はクレジットカード会社からの監視が強く危険度も高いです。
業者利用の場合は、請求名目を業者側が上手く調整しているため、カード会社側とのトラブルに発展する可能性が低くなっています。

即日利用ならキャッシングがベター

出先でスマホからキャッシングを利用する女性

インターネットが普及したことで、審査申込・必要書類の提出が非常にスムーズに行えるようになりました。
一昔前は店頭に足を運び、必要書類を直接提出した上で審査に数日を要しておりましたが、現在では30分ほどで審査が完了する金融機関も増えています。
したがって、時間的な制約やギャップがほとんど無くなった昨今においてクレジットカード現金化のみにあった「審査が無いため早い」というメリットは失われつつあるのが現状です。
即日お金を用意したい場合には、まずはネット型のキャッシング(消費者金融業者)を検討してみてはいかがでしょうか。

モアタイムシステムが普及したことで夜間・休日であっても営業時間内であれば着金確認が可能になりました。条件が悪い業者からの借り入れは自身の首を絞めてしまいますので、焦らず冷静に対処しましょう。