即日借りたい場合はどうすれば良い?

急な発病で入院費用を確保しなければならない…
明日の結婚のご祝儀を確保するのを失念していた…
取引先からのゴルフのお誘い…
など「急遽お金が必要になった!」という経験を持つ方は多いのではないでしょうか。
当ページでは“すぐにお金が必要になった場合に取れる手段”にフォーカスを当て、可能な限りスピーディーな借入方法又は現金調達方法をご紹介いたします。

キャッシング

ATMでキャッシングする女性

キャッシングとは、予め契約した金融機関と決められた額の範囲内で借入を行う方法です。
原則として新たに契約する場合には審査に数日要しますが即日審査を完了させてくれる金融機関も多く存在しています。
もちろん、既に契約中であれば審査等は不要で利用することが可能です。
大手消費者金融であればコンビニエンスストアのATMからも引き出せますので、スピード面及び利便性に優れていると言えます。

公的補助又は融資

公的融資を受け付ける地方自治体

既にキャッシングの枠を使い切ってしまっている場合には、国や地方公共団体・その他公的機関が行っている「補助金」や「公的融資」を活用するのも一つの手です。

公的融資は文字通り「行政からお金を借りる」という手続きです。
借入ですので当然後日返済をしなければなりませんが、民間に比べて好条件で利用できる可能性が高いまとまった金額を用立てることができる等のメリットがあります。
また、給付金や補助金といったように返済が不要なものも存在しておりますので、自身の状況や希望に応じて利用することも可能です。

公的制度のデメリット

上手くいけば好条件で利用出来る各種公的制度ですが、誰でも自由に利用できるという訳ではありません。
公的制度は「弱者の救済」を目的にしておりますので、働けない理由がある・民間企業ではお金を貸してもらえない等のケースでなければ原則利用することができません。
また、民間企業よりも審査が厳格である上に時間も掛かりますので、即日お金を用立てたいというシーンではマッチしないと言えます。

即日利用ならキャッシングがベター

出先でスマホからキャッシングを利用する女性

インターネットが普及したことで、審査申込・必要書類の提出が非常にスムーズに行えるようになりました。
一昔前は店頭に足を運び、必要書類を直接提出した上で審査に数日を要しておりましたが、現在では30分ほどで審査が完了する金融機関も増えています。

キャッシングは「銀行カードローン」と「消費者金融」が代表的ですが、両者はどのように異なるのでしょうか。
同サービスの違いを改めて確認していきたいと思います。

銀行は「即日」が原則不可に

貸金業法が改正されたことにより、消費者金融の銀行は貸出残高が逆転するという現象が起こりました。(詳しくはこちら

各銀行は次々と消費者金融を吸収し、「即日審査」「30分で振込」といった文言で顧客を誘引し、契約者数や貸出残高を伸ばしていきます。
しかし、これでは消費者金融が銀行に変わっただけであり、貸金業法の改正の意義(被害者の救済という目的がありました。)が薄れてしまいます。
そこで、過度な顧客の誘引を止めるべく銀行では独自の「自主規制」を設けるようになり、同規制によって銀行は原則即日でのキャッシング新規利用が出来なくなりました。

即日なら消費者金融

即日現金が必要なのであればクレジットカードのキャッシング機能を利用するか、インターネット申込みに対応している消費者金融(カードローン)がおすすめです。
ただし、クレジットカードのキャッシング機能を利用するのであれば、当然事前に申し込みが完了している必要がありますので、新規利用時にはマッチしません。

したがって、新規でお金を借りたいのであれば、後者の「インターネット申込みに対応している消費者金融」が良いでしょう。
書類さえ揃っていれば最短で30分程度で審査が完了しますので、銀行融資やクレジットカード現金化よりもスピーディーにお金を借りることが可能です。
なお、以下の2社はWEB申込みに対応しており、特にスピードに優れていると言われている消費者金融です。

電話連絡&郵送物無しのWEB申込み!10秒簡易審査で即日融資
SMBCモビット
ノンバンク
SMBCモビットのサムネイル

「スマホでキャッシング」でお馴染みのSMBCモビットでは、文字通りスマホさえあればセブン銀行で出入金が可能です。 つまり“カード”という概念が無くなり、受領の手間もありません。 WEB申込みは5分程度で入力が完了し、最短なんと10秒程度で融資可否が分かります。 なお、三井住友銀行・UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行の口座をお持ちであれば本人確認の電話連絡すらありません。

2020年オリコン顧客満足度調査1位!来店不要のWEB申込みなら
プロミス
ノンバンク
プロミスのサムネイル

WEB申込みなら最短1時間で審査が完了する「プロミス」。 初回利用であれば、利用翌日より30日間利息無しでお金を借りることが可能です。 さらにスマートフォンからの申込みであれば「少ない入力項目で最短15秒回答(ただし9:00~21:00のみ)」というサービスも行っており、消費者金融系の中でも屈指のサービスを誇っています。

お急ぎの方は是非活用してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード現金化について

融資とは異なりますが、「クレジットカード現金化」という現金調達方法もあります。
これは、クレジットカードのショッピング枠を利用して高リセール商品を購入し、質屋や金券ショップに買い取ってもらうという方法です。

“ショッピング枠を利用できる”という点が大きなメリットであり、キャッシング枠が尽きてしまった際のセーフティーネットとして活用されています。
また、クレジットカード現金化は商品の売買によって現金を得る取引ですので、審査等が無く、スピードディーに現金を手に入れることが可能です。

ただし、前述した通り消費者金融のカードローン商品の中には30分から1時間程度で手続きが完了するものも存在しており、時間的なメリットはさほど大きくありません。(商品を購入し売却するため、どうしても数時間は掛かってしまいます)
1秒でも早くお金を用意したいのであれば、消費者金融のキャッシング(カードローン)が最も早いと言えるでしょう。

モアタイムシステムが普及したことで夜間・休日であっても営業時間内であれば着金確認が可能になりました。条件が悪い業者からの借り入れは自身の首を絞めてしまいますので、焦らず冷静に対処しましょう。