大手消費者金融一覧のバナー 銀行カードローン一覧のバナー

お金は土日祝日でも借りられる?

週末に趣味・レジャーを楽しみたい!
結婚式のご祝儀を用意するのを忘れていた…
急病でお金が必要になってしまった。

飲み会や遊びのお誘い・冠婚葬祭など、週末は付き合いや用事が何かと多いですよね。
銀行をはじめとした各種金融機関の多くも休みになりますので、お金を用意する手段は自ずと少なくなってしまいます。
当ページでは、ちょっとした入用の際にオススメな調達方法や土日祝日でも対応している消費者金融等をご紹介します。

カードローンは原則いつでも利用可

土日にスマホからキャッシングの申し込みを行う女性

カードローンとは、銀行や消費者金融、クレジット会社と予め契約を結び限度額の範囲内で自由に借り入れできるサービス

です。
全国の窓口・ATM・CD(キャッシュディスペンサー)でいつでも返済と借入ができますので、土日祝日・年末年始といった概念がありません。
ただし、事前に窓口に足を運ぶ又は申込書を郵送する等の手続きを行っておく必要があり、窓口が閉まってしまう土日祝日の場合はその日の内にお金を借りられない可能性があります。

新規利用なら消費者金融

アコム・プロミス・アイフル・レイクのロゴ

まだカードローンやクレジットカードを契約しておらず、かつ、即日お金を借りたい場合には消費者金融でのキャッシングがお勧めです。
アコムやアイフルといった大手消費者金融の場合、各所のATMはもちろん、インターネットからの申込みで即日中の審査&入金(ATMからの出金)が可能となっています。
なお、収入や勤務先の確認は必ずされますので、予め書類を用意しておくことが条件となります。

クレジットカード現金化という選択肢

インターネットによるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、別名「ショッピング枠現金化」とも呼ばれます。
文字通りクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという方法で、例えばクレジットカードで商品券やブランド品、新幹線の回数券等を購入し、金券ショップで買い取ってもらうという流れが一般的です。
また、ショッピング枠を現金に換える専門業者(所謂「クレジットカード現金化業者」)も多く存在しており数万円をすぐに用立てたいシーンで高い需要があります。

ただし、ショッピング枠現金化はクレジット会社の利用規約で禁止されておりますので、万が一バレてしまうと利用停止になる恐れがあり、お勧めはできません。
さらに、前述した通り同方法を利用する場合には予めクレジットカードを保有していることが前提となります。

クレジットカード現金化業者を騙った「ヤミ金業者」の存在も大きなリスクと言えます。
“ショッピング枠を現金化します”と顧客を誘引しお金を貸し付ける方法が一般的で、実際に出資法違反等の容疑で逮捕者も出ています。
実際に商品の授受を行う等のカムフラージュをしていることが多いので、利用前にヤミ金かどうかを見分けるのは非常に難しいです。
トラブルを避けるためにも、セルフ換金だけでなくクレジットカード現金化業者の利用も避けるようにしてください。
参考日本クレジット協会「現金化の誘いに注意」
https://www.j-credit.or.jp/customer/attention/attention_05.html

モアタイムにより土日祝日も送金可に

土日祝日の送金が可能なモアタイムシステムのイメージ

モアタイムシステムとは、同金融機関間でなくとも24時間365日(メンテナンス時を除く)送金が可能なサービスです。
従来は各金融機関の営業時間内でなければ送金が行えませんでしたが、同サービスの開始によっていつでも着金確認が可能となりました。
そのため、現在ではネットからの申込み⇒問題が無ければ指定口座に送金といった流れを採ることにより、いつでもどこにいてもお金を借りることが可能となっています。

なお、同システムには全ての金融機関が対応しているわけではありません。
サービス開始時はメガバンクでは唯一みずほ銀行が参加しておりませんでしたが、2020年1月現在ではメガバンク全てが対応している形です。

不測の事態に備えるためにも、自身がお持ちの口座の金融機関は対応しているのか、予めチェックしておくことをお勧めいたします。