大手消費者金融一覧のバナー 銀行カードローン一覧のバナー

消費者金融は大手を選ぶべき?

日本では数多くの消費者金融業者が存在しておりますが、全国に店舗を構える大規模事業者から1店舗しかない小規模事業者まで、事業規模は大きく異なります。
当ページでは“規模”にフォーカスを当て、サービスの違い・メリット&デメリット等について見ていきたいと思います。

消費者金融業者収益ランキング

大手消費者金融と呼ばれる業者の年間営業収益は以下の通りです。
※2019年3月時点の営業収益を掲載しています。

名称 営業利益
(単位:百万円)
SMBCコンシューマー・ファイナンス 281,805
アコム 203,636
アイフル 115,328

2019年3月期に於ける年間営業収益では「SMBCコンシューマーファイナンス」が圧倒的な1位を獲得しています。
なお、SMBCコンシューマーファイナンスの母体は三井住友ファイナンシャルグループであり、規模・総資産が頭一つ抜きん出ている点が大差の理由でしょう。

次点で、CMでもお馴染みの「アコム」が続いています。
アコムは業界初の無人契約機となる「むじんくん」を導入するなど消費者金融業界のパイオニア的な存在でしたが、三菱UFJフィナンシャル・グループと2004年に資本提携・2008年に連結子会社となりました。

アイフル」は1967年に創業した消費者金融業者で、アコムと並んで業界の上位をひた走ってきた存在です。
CMでの“どうする?アイフル~”や“分かってる~アイフル!”などのキャッチコピーが特徴的で、2020年現在では“愛がいちばん。アイフル”のフレーズを用いています。
前述した2業者に比べると売上はやや下がりますが、トップ3の中では唯一銀行系グループのバックアップや連結等が無い消費者金融業者です。

規模でサービスは異なるのか

SMBC アコム アイフル
審査 最短30分
金利 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0%
借入限度額 1~500万円 ~800万円 ~800万円
借入期間 ~6年9か月 ~9年7か月 ~14年6か月
店舗数 951 1,000 870

※上記は2019年12月時点の情報です。

上記は金融機関の大まかなサービス内容をまとめた表です。
金利や審査スピードについては大きな違いが見られませんが、店舗数については差が見られ、さらにネット申し込みの可否やATMの設置数なども異なります。
つまり、事業規模によって“利便性”が大きく異なると考えます。

人員の確保がしっかりなされていればその分審査はスピーディーに行われますし、お金を引き出せる場所が多ければ多いほど便利です。
ただし、必ずしも大手消費者金融の方が良いとは限りません。
なぜならば、大手消費者金融には以下のようなデメリットがあるためです。

デメリットその1~審査が厳しい

貸金業法に於いて金利や書類提出の条件などは定められているものの、審査基準については金融機関側の裁量に委ねられています。
大手になればなるほど審査が厳しくなる傾向にあり、より属性・年収に左右されやすいです。

デメリットその2~法的措置が早い

万が一返済が滞ってしまった場合、当然ですが金融機関側は法的措置を検討します。(法的措置とは、内容証明や支払督促・差し押さえといったように、文字通り法に基づいて債権を回収する手段のことです。)

ただし、裁判になりますと多額の費用が掛かりますしお金が無い人から回収することは現実的には難しいため、金融機関側は措置を講じるか否かを慎重に検討せねばなりません。
しかしながら、大手場合は資金が潤沢な上、実際に貸し出す会社と回収するための会社(債権回収会社)が分けられていることが多いため、比較的早い段階で法的措置が採られるケースが多いです。

柔軟性で選ぶなら小規模事業者

大手には「信頼性は高いが審査が厳格」という特徴がみられます。
また、銀行と提携を結んでいる大手消費者金融の場合、同時に申し込むと審査に落ちてしまう可能性がありますのでご注意ください。
柔軟性やスピードで選ぶなら小規模運営の消費者金融、安全性や条件面で選ぶなら大手の消費者金融といったように使い分けると良いでしょう。

大手消費者金融は全国にATMが設置されているため、返済と借入がしやすいという利点があります。
しかしながら、最近ではコンビニATMと提携する消費者金融が増えておりますので、後者に関しては昔に比べてさほど大きな問題ではありません。
利便性よりも条件・柔軟性で選ぶことをお勧めいたします。