アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンスのサムネイル
商品名 ビジネスローン
金利(年利) 3.1%~18.0%
利用可能額 50万~1,000万円
利用対象者 法人又は個人事業主
満20歳~満69歳以下の方
学生 ×
パート・アルバイト ×
事業資金
審査時間 最短60分
保証人 原則不要(※ただし、法人の場合は代表者が連帯保証人となる)
保証会社 -
運営会社 アイフルビジネスファイナンス株式会社

アイフルビジネスファイナンスのサービス概要

アイフルビジネスファイナンス株式会社は、ご存じ「アイフル」のグループ企業です。
個人向けの貸付サービスであるアイフルに対し、アイフルビジネスファイナンスは名称通り“事業者向けのサービス”と言えます。
特徴をはじめ、金利や保証人の有無など、ご利用する上で知っておくべき事項についてまとめました。

アイフルビジネスファイナンスは、以前「ビジネクスト」という名称でサービスを展開していた消費者金融業者で、2020年7月に商号が変更されました。(※運営元が変わったわけではなく、サービスもそのまま引き継いでいます。)
ビジネスクスト時代より事業者向けの貸出サービス(ビジネスローンなど)をメインに展開してきた企業ですので、お世話になったことがある経営者様も多いのではないでしょうか。
当ページではアイフルビジネスファイナンスの金利や申込手順など、サービス概要についてご紹介いたします。

特徴その1~無担保・無保証で借入できる

アイフルビジネスファイナンスは、会社の売上規模・現在の借入状況・運営実績等で借り入れの可否を判断しており、無担保・無保証(※法人の場合は連帯保証契約を結ぶ必要がある)が原則です。
利用する上である程度の売上・実績は必要にはなるものの、資産が無くとも利用を開始することができます。

特徴その2~女性の利用者多数

アイフルビジネスファイナンスの利用者割合を見てみますと、男性が90.3%・女性が9.7%となっています。
まだまだ男性利用者の方が多いものの、女性が全体の1割に迫る勢いです。
女性経営者が増えている昨今、ビジネスローンに強い同社ならではの心配りが女性利用者の増加につながっているのかもしれません。

特徴その3~郵送で手続完了

アイフルビジネスファイナンスは電話やオンラインで申し込みし、書類関係は全て郵送でやり取り可能なため、来店する必要がありません。
借入は全国のアイフル・セブン銀行・東京スター銀行のATMから行うことが可能ですので、スムーズな利用が可能です。

ご利用の流れ

アイフルビジネスファイナンスご利用の流れ

申し込みから利用開始までのステップは4つです。
まずはオンライン・電話から必要事項を入力し、送信してください。
仮審査の結果が担当者より通知されますので、問題が無ければ本審査へと続きます。
本審査でも問題が無いと判断されましたら取引開始です。
契約後は原則としてキャッシュカードを使用しATMでお金を引き出す形になりますが、銀行振り込みにも対応しています。

アイフルビジネスファイナンス・借入と返済の方法

借入は、電話の他「セブン銀行」「東京スター銀行」等の提携銀行に加え、グループ企業である「アイフル」のATMでも行うことが可能です。
同様に返済も全国の「セブン銀行」「アイフル」のATMで行えますので、仕事の帰りや合間に済ませることもできます。(東京スター銀行ATMでは借入のみとなる点にご注意ください。)

どんな企業が利用している?

アイフルビジネスファイナンスの公式ホームページには、利用企業の割合が以下の通り公開されていました。

利用者の年齢割合 20代:0.7%、30代:7.9%、40代:24.1%、50代:31.0%、60代:36.3%
企業形態
(法人or個人)
法人:57.2%
個人:42.8%
年商の割合 1,000万円未満:27.2%
1000万円以上:30.4%
3000万円以上:29.7%
1億円以上:12.7%

利用者の年齢を見てみますと「40代~」が90%以上を占めていることが分かりますが、利用企業の法人・個人の別や年商等では大きな特徴や違いは見られません。(年商1000万円未満・1000万円以上・3000万円以上で利用割合はほぼ同じ)
したがって、年齢や年商だけではなく実績や今後の売上見込み等も審査要素となっていると予想します。
年商が高いから大丈夫と高を括るのではなく、利用をご検討の際は必ず仮審査を受けるようにしてください。

アイフルビジネスファイナンスの総評

アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)は文字通りビジネスローンに特化した借入サービスです。
使途自由でありながら金利3.1%~と非常にリーズナブル!
個人向けの借入プランも用意されておりますので、ビジネス・個人利用の両方をご検討中の方に特にマッチします。(個人利用であればグループ企業の「アイフル」という選択肢もあります。)
利便性に優れた資金調達方法をお探しの際はご検討してみてはいかがでしょうか。
アイフルビジネスファイナンス 「ビジネスローン」の公式ページはこちら