資金調達方法まとめ~基礎知識コラム

お金を用立てる方法は「借りる」だけではありません。
不用品を売却してお金を得る・ショッピング枠を利用するなど、借入以外にも数多くの資金調達方法が存在しています。
当ページでは“一般的な借入を除いた”資金調達に関する記事をまとめておりますので、一般借入では審査が通らない場合は他の角度から検討してみてはいかがでしょうか。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、文字通り不動産を担保に入れてお金を借りる方法です。
万が一お金が返せなかった場合は担保として提供した不動産を失ってしまいますが、低金利でまとまった金額を借りることができます。
また、近年では「リバースモーゲージ」「リースバック」といった方法も登場しており、不動産を利用した資金調達は今後ますます注目が集まりそうです。
まずは、どのようは方法なのか・借りられる金額の目安等について知っておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには予め「キャッシング枠」と「ショッピング枠」が定められています。
詳しくはこちらのページをご参照ください
キャッシング枠は文字通り“お金を借りることができる金額”を指しておりますが、銀行や消費者金融とどのような違いがあるのでしょうか。
リンク先のページでは他の資金調達との条件(利便性や金利など)の違いにフォーカスを当て、分かりやすく解説しております。

生命保険を利用した借入

保険と借入にどのような関係が?
と、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
例えば、生命保険には「契約者貸付」という制度がありますが、こちらは“解約返戻金を受け取る権利”を担保にしてお金を借りる方法です。
消費者金融や銀行に比べて金利が低く設定されておりますが、万が一返済ができなかった場合は保険契約が解除され、解約返戻金も失ってしまいます。
利用の条件や方法に加え、メリットやリスクといった基礎知識等についてまとめましたので、気になる方は是非チェックしてみてください

質屋からの借入

最近ではあまり見かけなくなった「質屋」。
貴金属買取のイメージが強いコンテンツですが、物を預かりお金を貸す(所謂「質入れ」)のが本来の基本サービスです。
また、スマートフォンの普及に伴いオークションやフリーマーケット等も活発化しており、物の買取・売却が非常にしやすくなりました。
これらを活用することで、お金を用立てることも可能です。
通常の借入と質入れの違いや買取系の資金調達方法についてまとめました。

学生ローン

学生ローンは、消費者金融業者の一部が提供しているローン商品の一種です。
貸金業法の改正前は多くの金融機関で取り扱っておりましたが、総量規制の影響を受けた結果、現在ではごく一部でしか取り扱いがありません。
学生ローンの概要・歴史や、収入が無くてもでも出来る資金調達方法などについて解説していきたいと思います。

住宅ローン

マイホームを購入する際に避けては通れない「住宅ローン」。
収入に対してどのくらいまでの借り入れが可能なのか・金利はどの程度なのか等の基礎的な知識をまずは身に付けましょう。
また、変動金利と固定金利はどちらがお得なのか、返済方式の違い(元利均等と元金均等など)についても予めご確認ください。
不動産投資に住宅ローンを使う方法についてもこっそりご紹介いたします。

自動車ローン

自動車ローン(マイカーローン)は、文字通り車を買う際に利用する金融商品です。
銀行や消費者金融をはじめ、農協やクレジットカード会社など、様々な機関で取り扱いがあり、個人・法人を問わず幅広いシーンで活用されています。
購入した車を担保として提供する形ですが、質権や抵当権では無く「所有権留保」という特別な法的構成となっている点が特徴的です。

教育ローン

子供の学費が足りない…
そんな時は「教育ローン」がおすすめです。
銀行や消費者金融などの民間機関のみならず日本政策公庫や農協でも取り扱いがあり、上手くいけば低金利で借り入れを興すことが可能です。
申込みのタイミングや利用条件について予め確認しておきましょう。

「借りる」以外にも資金調達はたくさん存在しています。
現在の状況・保有している資産等を最大限に活用し、最も良い条件の方法を選びましょう。
ただし、中にはその場しのぎで危険な方法もあります(クレジットカード現金化など)ので、しっかりと計画を立てた上でご利用ください。