大手消費者金融一覧のバナー 銀行カードローン一覧のバナー

クレカキャッシング枠

クレジットカードは、お買い物をよりスムーズに行うために開始したサービスであり、本来はお金を借りることを目的に作られたものではありません。
しかしながら、現在どのクレジットカードにも「キャッシング機能」が付けられており、ショッピングを楽しみつつ、お金を借りることも可能になっています。
クレジットカードの“キャッシング”と“消費者金融での借入れ”はどのような違いがあるのでしょうか。
両者の違いを事前にしっかりと確認しておきましょう。

ショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードでキャッシングする男性とお買い物する女性

クレジットカードをお持ちの方であれば「ショッピング枠」「キャッシング枠」というワードを耳にしたことがあるかと思います。
文字通り、ショッピング枠は物を買う又はサービスを受ける際に利用できる限度額を定めたもの、キャッシング枠は借入可能な額を表しています。
同じクレジットカードであるにも拘わらず、何故両者を別物として考えなければならないのでしょうか?
それは、買い物とお金を借りる行為は法律上の定めが異なるためです。

貸金業法では、年収に対して借り入れ可能な「上限」が定められています。
これを総量規制と呼び、自身のキャパシティーを超えた無茶な借り入れが出来ないシステムとなっています。(年収の1/3まで)
総量規制についての詳しい記述は金融庁「貸金業法Q&A」をご確認ください。

一方で、ショッピング枠についてはクレジットカード会社がその人が利用した額を「立替払いする」というサービスになりますので総量規制の対象にはなりません。
そのため、例えば年収が300万円の場合、キャッシング枠は100万円が限度になりますが、ショッピング枠は年収を超えた額でも法律上は問題無いということになります。

総枠とは

ショッピング枠のことを「総枠」と呼ぶことがあります。
総枠のことを“ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた額”と誤解されている方が多いのですが、厳密にはショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているイメージであり、合計した額ではありません。
※赤い枠線部が「総枠」です。

クレジットカードのショッピング枠

なお、キャッシング枠は総量規制の対象になりますので、他の金融機関とも共有する必要があり、信用情報にその旨が記載されます。
ショッピング枠には利用額と残高(翌月返済分)が記載されますが法律上ではその額に応じて借入限度額が変わるということはありません。

キャッシングと借入はどちらが得?

借りたお金と通帳

消費者金融でお金を借りるのと、クレジットカードでキャッシングするのではどちらが得なのでしょうか?

結論から申し上げますと、クレジットカードのキャッシングを利用するのと消費者金融でお金を借りるのでは大きな差はありません。
ただし、以下の通りスピードには大きな違いが見られ、金利にも業者間で若干の差異が見られます。

クレカキャッシング 消費者金融
審査スピード 1週間程度 最短30分
金利 5.0~18.0%(1回払い) 3.0~18.0%

なお、審査項目は消費者金融もクレジットカード会社も同じであるため、審査の厳しさに関しては「両者共に同等程度」と言われています。
しかし、前述した通りクレジットカードのショッピング枠に関しては各社の裁量にゆだねられておりますので、キャッシング機能が無いクレジットカードであれば審査に通る可能性があります。

クレジットカード(キャッシング機能付き)=消費者金融での借り入れ>クレジットカード(キャッシング機能無し)

両方の審査に落ちてしまった場合は信用が不足している可能性が高いため、まずはキャッシング機能が付いていないクレジットカードを保有する等、実績を積むところからはじめてみることをお勧めいたします。