銀行系カードローンとは

銀行系カードローンとは、文字通り銀行が提供しているカードローンの総称です。
消費者金融とのサービスや規制の違いをはじめ、必要書類はどのように異なるのか、振込までに要する期間はどのくらいなのか等について予め確認しておきましょう。

消費者金融との大きな違い

CMやWEB広告でよく目にする「銀行系カードローン」ですが、具体的には消費者金融とどのような違いがあるのでしょうか。
条件をはじめ、根拠法律・審査方法・振り込みまでの時間など、銀行と消費者金融の違いは多岐にわたります。
自身にとってどちらのサービスの方がよりマッチするのか、両者の違いをはっきりと把握した上で選択するようにしてください。

必要書類・審査要件

同じ銀行であっても申込基準や必要書類、審査内容が異なることはご存じでしょうか。
特に年齢上限(65~69歳)は申し込みを行う上で非常に重要ですので、必ず事前にご確認ください。
“安定した収入”の定義や疎明資料など、知っておきたい情報をまとめています。

メガ・地銀・信金で異なる条件

「銀行」には様々な種類があります。銀行法に記載された定義によると、銀行とは“内閣総理大臣の許可に基づき銀行業を営む者のこと”とされており、具体的には「メガバンク」と呼ばれる大手銀行のほか、地方銀行や信用金庫・信用組合等がこれに当たります。
経営規模で条件はどのように異なるのか事前に確認しておきましょう。

銀行による自主規制

貸金業法改正によって貸付額に上限が設けられた消費者金融の傍らで、銀行系カードローンは着実に利用者数・貸し出し残高を増やしてきました。
貸金業法が見直された背景には「借りすぎてしまう人を減らす」という思惑がありましたので、これでは消費者金融を利用していたユーザーが銀行へと移行しただけです。

そこで、銀行は現在自主規制によって一定の貸し出し制限を行っています。
まとまった借り入れを行う予定の方は是非一読ください。

保証会社の注意点

銀行からお金を借りる際、必ず保証会社の審査を経なければなりません。
銀行側が保証会社を通すメリット若しくはユーザーに降りかかるデメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか。併せて、同一の保証会社を避けるべき理由についても事前に知っておいてください。

銀行系カードローンは、銀行によっても条件が異なります。
特に、銀行によって利用可能な年齢が異なるという点には注意が必要です。
また、自主規制・保証会社も銀行によって大きく変わりますので、しっかりとリサーチした上でご利用ください。